看護師職と人生設計、キャリアの途中で結婚・引退

30代/女性
職歴:
脳神経外科病棟3年、診療所1年9か月、診療所7か月

入職時

普通科高校を卒業後地元の看護専門学校へ入学。
3年の学生生活ののち国家試験に合格し、実習先の病院へ就職しました。
当時私は父、母、弟の4人暮らしで、兄は既に結婚し家を出ていました。

市立病院脳神経外科での1年目

奨学金制度を受けていた市立の病院に勤務。配属は脳神経外科病棟。
とにかく介助が多く、一日があっという間。
トイレに行く時間もないほどで膀胱炎になってしまいました。

同じく脳神経外科での2年目

同じく脳神経外科病棟勤務。新人も入り、
少しは成長できたのでしょうか、怒られることも減りました。

新人教育係になった3年目

同じく脳神経外科病棟勤務。プリセプターとして新人教育係に。
学会発表のメンバーになり、任されることも多くなりました。
奨学金のために頑張ると決めた。
3年までなんとか続けられ退職をしました。

個人診療所での4年目

隣の市の個人診療所勤務。内科、皮膚科、小児科を看板に挙げている病院です。
夜勤はないものの、早出は8時に出勤し受付を開始。
遅出は16時出勤で外来終了までの勤務。23時過ぎることも多々ありました。
しかし、夜勤をしていた私にしてみれば、家に着くのが0時を回っていても
朝まで眠れるので体力的には全く問題ありませんでした。
また22じ過ぎると夜勤手当がつくので、ちょっとラッキー!と考えられる余裕もありました。

透析病院への転職→結婚退職の5年目

同じ診療所で勤務。私はそろそろ結婚したいお年頃。
結婚願望も強かったのですがなかなか煮えきらず。
病棟勤務していたころより手取りも大幅に減り、
もう少し貯蓄をしたいなあと思うようになりました。
このまま結婚できないなら思い切って夜勤でもやって仕事に打ち込むか・・・。
でも急性期は大変なので、老人病院でゆったりと夜勤でもした方がいいのかも・・・。
なんてざっくりな考えもあり。
一応上司にはまた病棟勤務に戻りたいのでと恰好いいことといい、退職までこぎつけました。
とりあえず一か月ほどはゆっくり休んでそこから職探し。
職安でさがしたりネットで探したり。最終的にはタウンページで病院に直接電話をし、
看護師の募集はないかと探しました。
やはりなかなかありませんでしたが、5件目くらいで
分院の計画があるので面接だけでもと受けてくれることになりました。
透析の病院でしたが透析は嫌なので外来勤務でとお願いすると
特例で許可が下り。採用してもらえました。
給料も以前より6万近く高く、しかも自宅から車で5分。
残業はほぼなく、患者が少ないと2人で終わったりと本当に楽でした。
皮膚科の日もあり、処置をすることもありましたが
以前の病院でも皮膚科の処置は幾度となく経験していましたのですんなりクリア。
大変居心地がよかったのですが、3か月後に結婚が決まり寿退社をしました。
そしてそれから現在まで看護師の資格は眠ったままになっています。